―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

フリーランスでも作れるクレジットカード3選【審査が甘いクレカはどれ?】

フリーランスや自営業、個人事業主の方へ審査が甘い通りやすいクレジットカードを分かりやすく解説。「即日発行ですぐにカードを作れる?」と申し込みや審査の手続きに不安がある方におすすめです。
トップページ > フリーランスでも作れるクレジットカードの申

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

フリーランスでも作れるクレジットカードの申

フリーランスでも作れるクレジットカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきたという人ときていないという人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に在籍連絡のないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴として言われているのが、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、申し込み数が多く、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

家事手伝いと専業主婦、両方とも仕事で収入を得ていないのは同じですが、クレカを作る際に同じように感じますが、実際は大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に落ちるという話もあります。

主婦と書かれている場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在があるからです。

夫が正社員として安定した収入があるので返済も問題ないだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

クレジットカードを作りたいと思い調べてみるとカードを発行している会社やカードの種類が多くてなにを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

審査基準は独自で設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をドラマなどで聞くこともありますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

自分から申し込みを行うカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

できるだけカードを早く作りたい方は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

みなさんがクレジットカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

知っているかもしれませんが、審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいの金額だろうというデータがあり、そのデータと突き合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

例えば、家電量販店の30代後半くらいの年収を20代前半でもらっている場合などです。

ネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのがクレジットヒストリーに問題があることです。

例えば、以前借りていたローンや奨学金の返済を滞納してしまった、公共料金の支払いが遅れてしまうのが多いなどの場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後に使った際に引き落とし日に申込者の口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが理由の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

クレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので審査に落ちてしまうと思い申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結論から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用待遇でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカード種別に想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は年収400万円以上の方向けが多いです。

買い物をする際に現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面の増えているフリーランスでも作れるクレジットカードですが新社会人の方など若者の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみ可能なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない方は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードも存在しています。

イオンカードやセゾンなどの消費者金融系のカード会社の場合、審査結果がその日のうちにわかります。

審査に合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

よくコマーシャルなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?楽天カードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカを作ろうと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

普段あまり書かない勤務先の情報などをうっかり入力ミスしても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

就職をして社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人も多いです。

大学生のうちに持っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を利用して返済することでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む場合の審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くと信用情報が悪化し、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金などの公共料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

高額な買い物をする際やネットでの買い物など使う場面の増えてきたクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを持っていない人にとって不安なのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。

クレジットヒストリーとは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去に問題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 フリーランスでも作れるクレジットカード3選【審査が甘いクレカはどれ?】 All rights reserved.