―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

フリーランスでも作れるクレジットカード3選【審査が甘いクレカはどれ?】

フリーランスや自営業、個人事業主の方へ審査が甘い通りやすいクレジットカードを分かりやすく解説。「即日発行ですぐにカードを作れる?」と申し込みや審査の手続きに不安がある方におすすめです。
トップページ > 高額な買い物をするときの支払い方

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

高額な買い物をするときの支払い方

高額な買い物をするときの支払い方法を皆さんはどうしていますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

大学生や新社会人の場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

初めてカードを発行するときの簡単な流れについて説明します。

申し込みをするには買い物先で申し込む方法や申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に用意しておきましょう。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

ローンやフリーランスでも作れるクレジットカードを申し込む際に大切なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も正規雇用なら安定した収入が見込める、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることがあります。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

最近では、電子チケットの利用やネットショッピングなど様々な場面で利用するフリーランスでも作れるクレジットカードですが、申し込みを行うのに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、必ず準備するのが免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によっては住民基本台帳カードなども本人確認書類として大丈夫な場合もあります。

他に、一部カード会社を除き利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所はどのカードでも必要です。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと金融機関に登録した銀行印を押すことが必要になります。

買い物をして会計時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットショッピングなど利用する場面のどんどん増えてきているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、クレカ払いのみ対応なんていうこともあります。

クレカを持っていないとイベント参加を諦めてしまうことになりますが即日発行できるカードも存在しています。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、審査に合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

フリーランスでも作れるクレジットカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なのが不安で申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員として雇用されていると都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に問題がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができるフリーランスでも作れるクレジットカードは便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

申し込み時に重要なのは安定した収入があるかとクレヒスです。

信用情報とはどういった情報なのかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどのデータです。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

どういった場合かというとローンを組むことやクレジットカードを作ることが多いようです。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、実際にカードを申し込んだ300人にアンケートを行った結果、約2割の人が連絡がきたという調査もありました。

そのため、絶対に連絡のないカード会社はないということです。

ただ、カード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

大きい買い物をする際やネット通販など使う場面の増えてきたクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって心配なのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去に問題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。

フリーランスでも作れるクレジットカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では今までの返済履歴のように確認する項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む時に盛った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで古いフリーランスでも作れるクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

フリーランスでも作れるクレジットカードについて調べているとこのような話が見られます。

それは住宅ローンを払っていてもクレカは発行できるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラス材料として判断されることもあるくらいです。

滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性やなどの別の部分を考えたほうがいいでしょう。

特に見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 フリーランスでも作れるクレジットカード3選【審査が甘いクレカはどれ?】 All rights reserved.