―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

フリーランスでも作れるクレジットカード3選【審査が甘いクレカはどれ?】

フリーランスや自営業、個人事業主の方へ審査が甘い通りやすいクレジットカードを分かりやすく解説。「即日発行ですぐにカードを作れる?」と申し込みや審査の手続きに不安がある方におすすめです。
トップページ > ここ数年で、イベントなどで電子チケ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

ここ数年で、イベントなどで電子チケ

ここ数年で、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

場合によってはフリーランスでも作れるクレジットカード払いのみなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、フリーランスでも作れるクレジットカードを作ろうとした際に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。

例として、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると予想されます。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

仕事先の人にあまり知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことやフリーランスでも作れるクレジットカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、カードは作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかをネットで調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートをして、約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

そのため、絶対に連絡のないカード会社はないということです。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

フリーランスでも作れるクレジットカードが欲しいと思いネットで調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

特にカード会社の場合は、独自の審査基準を持っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという単語をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から案内されないと作れません。

自分から能動的に申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

カード審査では年収と信用情報が重要と言われています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど使う場面の増えてきたフリーランスでも作れるクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのは審査基準がどうなっているのかわからず審査に落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去に未納などの門題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンを組むときなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

ここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で利用するフリーランスでも作れるクレジットカードですが、申し込みをするのに審査に必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

申込者が学生の場合は学生証のコピーなども本人確認書類として提出する必要があります。

他には、利用料金の引き落とし先の銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座を入力する際などは口座手帳などを手元において審査に通らない可能性が出るので注意しましょう。

よくCMなどで名前を見るフリーランスでも作れるクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社ですか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しているカードです。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した年収などの情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などをうっかり入力ミスで間違えても虚偽申請とみなされ、審査に受からないこともあるので気をつけてください。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

中には職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫そうなのかを見ています。

職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は他のローンの支払いなどが問題なく行われているかを見ており、ちゃんと期日通りに支払いが行われるかを見ています。

買い物をしようと思っても現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面の多くなってきているフリーランスでも作れるクレジットカードですが新社会人の方など若い人の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどで電子チケットが採用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない場合、諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、審査に合格していれば店頭でその日のうちに発行できます。

高い買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるクレジットカードは非常に便利ですがカード会社に申し込みをして審査に通らないと発行されません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

最近、若者を中心に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れをするだけでなく、引き落とし日に口座に口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

ネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンや奨学金の返済を滞納してしまった、公共料金の支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後に利用した際、引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると判断されてしまうからです。

最近増加しているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 フリーランスでも作れるクレジットカード3選【審査が甘いクレカはどれ?】 All rights reserved.