―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

フリーランスでも作れるクレジットカード3選【審査が甘いクレカはどれ?】

フリーランスや自営業、個人事業主の方へ審査が甘い通りやすいクレジットカードを分かりやすく解説。「即日発行ですぐにカードを作れる?」と申し込みや審査の手続きに不安がある方におすすめです。
トップページ > 最近では、電子チケットの利用増など様々な場

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最近では、電子チケットの利用増など様々な場

最近では、電子チケットの利用増など様々な場面で利用する機会の多いフリーランスでも作れるクレジットカードですが、必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証やパスポートなどの本人確認書類です。

カード発行会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められる場合もあります。

他に、一部カード会社を除き利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送付してもらう住所が必要です。

口座振替依頼書を利用して金融機関口座を登録する場合は、間違えることがないように気をつけましょう。

ここ数年で、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いしかできないなどほぼ必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードの申し込みで審査通らないということが発生しないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などはどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例として、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

信用情報については支払い期日があるものをちゃんと払う人なのかを見られています。

クレジットカードを作りたいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど様々な種類が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く中には審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されて作れるようになります。

自分から能動的に申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

早くカードを作りたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

周りの人にあまり知られたくない内容ってありますよね。

ローンを組むことやクレジットカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、クレカが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんな質問をされるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかをネットで調べてみたところ、実際にカードを申し込んだ300人にアンケートを行った結果、約2割の人が連絡がきたという調査もありました。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

スピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

ローンやクレジットカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば利用できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も正規雇用なら安定した収入が見込める、非正規雇用の場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払い期日などが守られているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

高額な買い物をする際やネットでの買い物など様々な場面で便利になるフリーランスでも作れるクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを持っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

信用情報とは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

フリーランスでも作れるクレジットカードについて調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを払っていてもクレカは発行できるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは特に関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので一概に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞納せずに返済できていれば逆にプラス材料として判断されることもあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はフリーランスでも作れるクレジットカードで払う方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

初めてカードを作るときについて説明します。

申し込みをするには買い物先で申し込む方法や申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に用意しておきましょう。

申し込みでは年収などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

実際にカードが届くまでは1週間から2週間くらい時間がかかります。

買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜかというとカードを発行する企業からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に返済が止まっていたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

最近、イベントのチケットなどで先行抽選分はクレカ支払いのみなどフリーランスでも作れるクレジットカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

収入面は貸せる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 フリーランスでも作れるクレジットカード3選【審査が甘いクレカはどれ?】 All rights reserved.